車のタイヤについて交換時期や交換方法などの説明

エコ(低燃費)タイヤ

タイヤ最近、エコ(eco) という言葉を良く耳にすると思います。

環境に良いという意味で、エコロジーからきている言葉です。

人類の進化と共に発達してきた車ですが、車の排ガスや化石燃料の利用などの事から、エコとしての車の利用の考え方が拡まっています。

自動車の排ガスや化石燃料の使用を減らす目的として、ハイブリッドカーなどの開発がされていますが、これに伴い、タイヤでも排ガスや化石燃料の使用を減らす(燃費が良くなる)事を目的として作られたエコタイヤというものがあります。

燃費が良くなるという事で排ガスが少なくなり、燃料の消費も少なくなる。結果的にエコだという事になります。

また、このタイヤの事を低燃費タイヤとも言います。

他にも製造方法や材料、輸送方法、廃棄などの部分で、CO2の排出を少なくする事で、エコタイヤと呼ぶものもあります。

それではなぜ、エコタイヤを使用すると排ガスを減らしたり、燃費を良くする事が出来るのか?についてですが、車のタイヤには「転がり抵抗」というものがあります。

この転がり抵抗は車にブレーキをかけるような働きをしますので、転がり抵抗を少なくする事で、普通のタイヤより小さいパワーで車を走らせる事が出来るようになります。

転がり抵抗とは

「転がり抵抗」とは、タイヤと路面との接地面で摩擦が起こり、エネルギーが散漫(損失)することです。

これには、路面とタイヤの表面の粗さなどが大きく関係します。

転がり抵抗が低くなるとグリップ性能も低下するのでは?と思う方もいると思います。

確かに転がり抵抗が低くなれば、ブレーキを踏んでも止まり難くなります。

ですが、ミシュランがシリカと呼ばれる特殊な素材を配合したタイヤを作り、転がり抵抗を軽減し、低温の路面でもグリップ力を良くするタイヤを開発しました。

その後、日本の他のメーカーもミシュランのエコタイヤの影響を受け、新たな技術開発でエコタイヤを開発してきました。

ですが、エコタイヤに関するデータは各メーカー独自によるもので、消費者に対して公平な情報の提供が行なわれていませんでした。

そこで、2010年1月から日本自動車タイヤ協会 JATMA ではラベリング制度を提供しており、転がり抵抗とウエットグリップ性能をグレーディングシステム(等級制度)に基づいて表示するという事を開始しました。これによりエコタイヤから低燃費タイヤと呼ばれるようになりました。

この「低燃費タイヤ」の性能要件は、タイヤのラベリング制度で

転がり抵抗係数が 「A」 以上

ウェットグリップ性能が 「a・b・c・d」 の範囲内

にあるタイヤとなります。

 転がり抵抗係数は、高い順から AAA > AA > A > B > C となり

ウェットグリップ性能は、a > b > c > d となります。

ただ、AAA と A の燃費の違いを比べるとほとんどないそうなので、気にされるならウェットグリップ性能の方を気にされた方が良いと思います。

また、タイヤを変えずに燃費の向上を求める場合、タイヤの空気圧を指定空気圧から10%ぐらい上げるというのも良いようです。(空気の入れ過ぎには十分注意してください。)

このような地球環境への取り組みは1人1人は小さくても、みんなですれば大きくなるという事だと思います。

また、燃費に興味がある方は、下記もご覧ください。






 


免責事項

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

 

Related Articles: