車のタイヤについて交換時期や交換方法などの説明

タイヤの構造・成分

タイヤタイヤの構造や成分についてはタイヤを製造しているメーカーによって色々と異なる部分があります。

このページでは、タイヤの構造と成分を大きく分けて説明をしております。

タイヤの構造

タイヤの構造には大きく分けて2つの種類があります。

ラジアルタイヤ

内部のカーカスがタイヤの回転方向に対して垂直になっているタイヤをラジアルタイヤと言います。

バイアスタイヤ

内部のカーカスがタイヤの回転方向に対して斜め方向になっているタイヤをバイアスタイヤと言います。

バイアスタイヤは乗り心地に優れ、ラジアルタイヤは操縦性・走行安定性に優れているが、タイヤの強度がバイアスタイヤに劣っていた為、それを補う為に製造工程が1つ増え割高になってしまっていた。

その為、以前はバイアスタイヤが主流であった。

だが、ラジアルタイヤの耐久性や操作性が向上し、量産で価格が下がった事から、現在ではラジアルタイヤが主流となった。

また、以前はチューブタイヤが主流であったが、現在はチューブレスタイヤが主流になっている。

  • ブレーカーコード
    スチールワイヤーを編んでベルト状に構成し、タイヤの接地面の強度を増し、異物の貫通を防止する。
  • カーカスコード
    タイヤ構造を保持するタイヤの骨のようなもの
  • ビード
    タイヤ内周のホイールに接する部分。タイヤをホイール(ホイールリム)に固定して駆動力を伝え、空気が漏れないようにする。また内部にはビードワイヤーと呼ばれるスチール製のワイヤーが入っている。
  • ホイールリム
    タイヤとホイールリムの間に空気を保持する。
  • トレッド
    主に路面に接する部分で表面には溝(グルーブ)が彫られている。また、表面に彫られた溝は製品ごとに異なり、この溝(グルーブ)は、トレッドと路面の間に入った水を排出してスリップを防止したり、操舵性や乗り心地を向上させるといった役割がある。
    また、トレッドの両端部(タイヤの肩の部分)をショルダー部と呼ぶ。ショルダー部の溝がなくなるとトレッド部の中央部分に十分な溝が残っていても操舵性能が著しく低下する。
  • サイドウォール
    タイヤの側面でメーカー名やサイズなどが表示されている部分。また、最も薄い部分であり、ここを傷付けると修理が出来ない為、交換しなければならない。最も動く場所でもあり、乗り心地にも影響し、細かい亀裂が入りやすい場所でもある。

タイヤの成分

下記のようなものを使用してタイヤは製造されています。

など

上記のようにタイヤには天然ゴムが使用されており、タイヤの艶出しワックスで油性のものは、タイヤの劣化を早める原因となります。






 


免責事項

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

 

Related Articles: