車のタイヤについて交換時期や交換方法などの説明

バイアスタイヤ

バイアスタイヤ

一昔前はタイヤと言えば、バイアスタイヤでしたが、現在では乗用車用のタイヤとしてはラジアルタイヤが主流となっています。

あまり見かけないバイアスタイヤですが、現在でも一部の応急用タイヤ・大型トラック・ダンプ用タイヤ・二輪車用タイヤ・産業機械用タイヤ、などに使用されています。

タイヤの構造としてはタイヤの進行方向に対してゴムの繊維(カーカスコード)を層ごとに交差するように重ねていく構造で、これによりタイヤの強度を上げています。

ゴムの繊維(カーカスコード)がタイヤに対して斜めに配置されているという事で、斜めという意味の 「バイアス」 からバイアスタイヤと呼ばれています。

このような構造は、ラジアルタイヤのようにトレッド面へのベルト構造を必要としない場合もあり、製造工程が単純でラジアルタイヤに比べて価格も安価となります。

また、タイヤ全体が容易に屈曲するために乗り心地も良く、サスペンション性能が良くない初期の乗用車の乗り心地の向上に役立ちました。

トレッド面・サイドウォール共にゴムの繊維(カーカスコード)が斜めに配置されるため、面積当たりのゴムの繊維(カーカスコード)の量も多くなり、衝撃に対して強度の高いタイヤを作る事が出来ました。

ただし、高い速度での走行時には容易に屈曲する為、転がり抵抗が増加し、高速域でのコントロール性やトラクション性能も悪くなるという欠点もあります。

また、ゴムの繊維(カーカスコード)の量が多いという事は、タイヤが重くなるという事でもあり、乗用車のエンジン性能、及び最高速度域の向上やラジアルタイヤの製造技術や耐荷重性能の向上が進むにつれ、、乗用車用タイヤとしては用いられなくなっていきました。

現在、スペアタイヤに使用されるテンパータイヤも構造上はバイアスタイヤですが、このタイヤにはダイアゴナルタイヤ (diagonal tire) の呼称と表記が用いられています。

1980年代後半以前に設計されたバイク(オートバイ)においては、バイアスタイヤが広くみられ、バイアスタイヤのみしか選択出来ない特殊なサイズのものもあります。

このようなバイク(オートバイ)でもサスペンションの調整によっては軽量なラジアルタイヤへ変更する事も出来ますが、ばね下の重量が軽くなり過ぎて逆に乗り心地が悪くなる場合もあり、注意が必要です。

これは、極端に軽量なアルミホイールを使用した自動車の場合と同じです。






 


免責事項

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

 

Related Articles:

One thought on “バイアスタイヤ