車のタイヤについて交換時期や交換方法などの説明

バイアスタイヤ

バイアスタイヤ

バイアスタイヤとは、タイヤの進行方向に対してゴムの繊維(カーカスコード)を層ごとに交差するように重ねて、強度を上げるといった構造のタイヤのことを言います。

また、ゴムの繊維(カーカスコード)がタイヤに対して斜めに配置されているという事で、斜めという意味の 「バイアス」 からバイアスタイヤと呼ばれています。

一昔前はタイヤと言えば、バイアスタイヤでしたが、現在では乗用車用のタイヤとしてはラジアルタイヤが主流となっています。

現在ではあまり見かけないバイアスタイヤですが、一部の応急用タイヤ・大型トラック・ダンプ用タイヤ・二輪車用タイヤ・産業機械用タイヤ、などに使用されています。

詳しくは、バイアスタイヤをご覧ください。

タイヤ用語集 に戻る

 

 






 


免責事項

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えであり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。

 

Related Articles:

Comments are currently closed.