車に関するお役立ち情報

トヨタ燃費ランキング

トヨタ車を購入しようとお考えの方の為に、トヨタ車の燃費ランキングを作成致しました。

燃費データは、2012年5月17日に調べた結果なので、同じ車でも仕様変更があったりや新しい車が出た場合には、下記のランキングとは異なる場合もありますので、予めご了承ください。

また、トヨタ-人気中古車ランキング(燃費掲載あり)も作成しましたので、ご覧ください。

 

トヨタ-燃費ランキング

(調査日:2012月5月17日、燃費は10・15モード燃費での表示となっています。また、燃費はグレードなどにもよって異なりますので、参考程度でお願い致します。)

トヨタ-アクア 1位 トヨタ > アクア
新車価格 中古車価格 燃費
169~185万円 167~285万円 40.0km/L

 

トヨタ-プリウス 2位 トヨタ > プリウス
新車価格 中古車価格 燃費
217~334万円 15~498万円 38.0km/L

 

トヨタ-ピクシスエポック 3位 トヨタ > ピクシスエポック
新車価格 中古車価格 燃費
 80~122万円 32.0km/L

 

トヨタ-プリウスα 4位 トヨタ > プリウスα
新車価格 中古車価格 燃費
235~330万円 199~359万円 31.0km/L

 

トヨタ-ピクシススペース 5位 トヨタ > ピクシススペース
新車価格 中古車価格 燃費
112~134万円  88~120万円 27.5km/L

 

トヨタ-カムリハイブリッド 6位 トヨタ > カムリハイブリッド
新車価格 中古車価格 燃費
304~380万円 215~279万円 26.5km/L

 

トヨタ-ヴィッツ 6位 トヨタ > ヴィッツ
新車価格 中古車価格 燃費
107~190万円 5~198万円 26.5km/L

 

トヨタ-SAI 8位 トヨタ > SAI
新車価格 中古車価格 燃費
 338~437万円  168~410万円 24.0km/L

 

トヨタ-iQ 9位 トヨタ > iQ
新車価格 中古車価格 燃費
129~178万円  49~152万円 23.5km/L

 

トヨタ-パッソ 10位 トヨタ > パッソ
新車価格 中古車価格 燃費
100~150万円  9~138万円 22.5km/L

PR

 


トヨタ-ベルタ 10位 トヨタ > ベルタ
新車価格 中古車価格 燃費
134~179万円 37~145万円 22.5km/L

 

トヨタ-ラクティス 12位 トヨタ > ラクティス
新車価格 中古車価格 燃費
 138~186万円 19~189万円 21.5km/L

 

トヨタ-オーリス 13位 トヨタ > オーリス
新車価格 中古車価格 燃費
162~233万円 49~193万円 20.0km/L

 

トヨタ-アリオン 13位 トヨタ > アリオン
新車価格 中古車価格 燃費
 169~243万円 19~240万円 20.0km/L

 

トヨタ-プレミオ 13位 トヨタ > プレミオ
新車価格 中古車価格 燃費
 170~270万円 23~220万円 20.0km/L

 

トヨタ-カローラアクシオ 13位 トヨタ > カローラアクシオ
新車価格 中古車価格 燃費
138~209万円 23~145万円 20.0km/L

 

カローラフィールダー 17位 トヨタ > カローラフィールダー
新車価格 中古車価格 燃費
153~212万円 12~195万円 19.6km/L

 

トヨタ-シエンタ 18位 トヨタ > シエンタ
新車価格 中古車価格 燃費
158~197万円 9~189万円 19.2km/L

 

トヨタ-アルファードハイブリッド 19位 トヨタ > アルファードハイブリッド
新車価格 中古車価格 燃費
395~565万円 78~599万円 19.0km/L

 

トヨタ-ヴェルファイアハイブリッド 19位 トヨタ > ヴェルファイアハイブリッド
新車価格 中古車価格 燃費
 393~750万円  395~565万円 19.0km/L

 

中古車をお探しの場合は

もご覧ください。


PR


 

メーカー別燃費ランキング
トヨタ 日産 ホンダ マツダ
三菱 スバル ダイハツ スズキ
メーカー別燃費ランキングに戻る

 


 

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英称:Toyota Motor Corporation)は、愛知県豊田市トヨタ町1番地に本社を置く日本の自動車メーカーです。また、東京都文京区の東京本社をはじめとして世界各地に拠点を置いています。

また、ダイハツ工業と日野自動車の親会社で、富士重工業の筆頭株主でもあります。

現在はレクサスブランドを併用するようになったため、トヨタ自動車を改め、通称「トヨタ」の呼称を使用しています。(英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記されています。)

トヨタ自動車株式会社の歴史

豊田佐吉(「とよだ」と濁る)が創業した豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)に、1933年(昭和8年)9月に開設された自動車部が起源となります。

佐吉の息子である豊田喜一郎が中心となり設立されましたが、初代社長に就任したのは佐吉の娘婿で喜一郎の義兄である豊田利三郎でした。

織機製作における鋳造・機械加工技術等のノウハウを活かし、研究期間を経て1935年(昭和10年)に自動車製造を開始しました。

1937年(昭和12年)に独立した新会社「トヨタ自動車工業株式会社」が設立されました。

創業当時の社名は「トヨダ」、ロゴや刻印も英語では「TOYODA」でエンブレムは漢字の「豊田」を使用していましたが、1936年(昭和11年)の夏に行われた新トヨダマークの公募で、選ばれたのは「トヨダ」ではなく「トヨタ」のマークでした。

その理由としては、画数が8画で縁起がいい・デザイン的にスマート・個人名から離れ社会的存在へと発展すること、などが挙げられています。

1936年(昭和11年)9月25日には「トヨタ(TOYOTA)」の使用が開始され、翌年の自動車部門独立時も「トヨタ」が社名に採用されました。

また、本社がある豊田市の地名は有史以来「ころも」であり、奈良時代以降約1,300年間挙母と称されて来た歴史ある土地(奈良時代以来「挙母」と表記、江戸時代には挙母藩も置かれ明治以降は挙母町、その後挙母市)であったが、トヨタ自動車に合わせて1959年(昭和34年)に「とよた」と改められた。本社所在地の表示は、「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変えられました。

豊田利三郎氏は太平洋戦争が勃発した1941年(昭和16年)に会長に退き、第2代社長には創業者の喜一郎が就任しました。太平洋戦争時は陸軍用のトラックを生産していましたが、物資が不足していたため簡素なものでした。

愛知の工場は米軍による爆撃が予定されていましたが、その前に終戦となり、戦後の1950年(昭和25年)、ドッジ・ラインに伴うデフレにより経営危機に陥り豊田喜一郎社長は辞任しました。

しかし、朝鮮戦争勃発で軍用トラック特需があり倒産を免れ、同時に技術者の中村健也の監督のもと、国産自家用車の開発を開始しました。

帝国銀行(後の三井銀行、現・三井住友銀行)を中心とする銀行団の緊急融資の条件として、販売強化のためにトヨタ自動車販売株式会社(略称:「自販」)が設立されました。(これを工販分離といいます)。

この時に、融資に協力した東海銀行と三井銀行がメインバンクとなりましたが、逆に貸付金の回収をした住友銀行と三菱銀行は住友は三井銀行と三菱は東京銀行と合併するまで50年もの間、口座の開設・取引をされることはありませんでした。

豊田喜一郎氏の後を継いだ石田退三社長の時代には

  • クラウン 1955年(昭和30年)
  • コロナ 1957年(昭和32年)
  • パブリカ 1961年(昭和36年)など

が発売され、その後中川不器男社長時代には

  • スポーツ800 1964年(昭和39年)
  • カローラ 1966年(昭和41年)
  • ハイエース、 2000GT 1967年(昭和42年)など

が発売され、豊田英二社長の時代には

  • センチュリー 1967年(昭和42年)
  • スプリンター、マークII 1968年(昭和43年)
  • カリーナ、セリカ、ライトエース 1970年(昭和45年
  • スターレット 1973年(昭和48年)
  • タウンエース 1976年(昭和51年)
  • ターセル、コルサ 1978年(昭和53年)
  • カムリ 1980年(昭和55年)
  • ソアラ 1981年(昭和56年)など

が発売され、公害問題や排ガス規制などにも対処されました。

1982年(昭和57年)にトヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併され、現在のトヨタ自動車株式会社となりました。

新会社の社長には豊田喜一郎氏の長男・豊田章一郎氏が就任し、豊田佐吉(創業者)の甥である豊田英二氏は社長から会長に退きました。

国内市場では

  • ビスタ、マスターエース 1982年(昭和57年)
  • ハイラックスサーフ、MR2 1984年(昭和59年)
  • カリーナED 1985年(昭和60年)
  • スープラ 1986年(昭和61年)
  • セルシオ 1989年(平成元年)
  • エスティマ 1990年(平成2年)
  • ウィンダム 1991年(平成3年) など

次世代のトヨタを担う車種を投入し、販売高トップの座を不動のものにしました

1992年(平成4年)に豊田章一郎氏は社長を退き、弟の豊田達郎氏が社長となりました。

しかし、バブル経済の崩壊は自動車業界を直撃し、トヨタもその影響を受け、バブル崩壊後の不況の中、1995年(平成7年)に豊田達郎氏は高血圧で倒れ、副社長の奥田碩氏が社長職を継ぎました。

奥田氏は業績が下り坂になりつつあったトヨタを再生し、1999年(平成11年)のヴィッツ発売を機に張富士夫氏に社長の座を譲りました。

2003年(平成15年)3月末集計における従業員数は65,551人、トヨタグループの連結子会社の合計は 264,096人で日本最大、世界では第三位の企業規模となりました。

2005年(平成17年)にはトヨタ町の本社新本館が完成し、地上14階、地下2階の一面ガラス張りの現代的な建物が完成しました。また、8月にはレクサス店の日本導入を果たしました。

同年には渡辺捷昭社長が就任し、10月にはゼネラルモータースが保有していた富士重工業株(約20%)のうち8.7%を取得し筆頭株主になった上で、提携を結ぶことを発表しました。

2007年(平成19年)には生産台数世界一を77年間維持していたのはゼネラルモータースで、世界販売台数はゼネラルモーターズの方が多いものの、自動車生産台数では世界一となりました。

2008年(平成20年)には世界金融危機の中で前年より 4%減少したものの、アメリカのゼネラルモーターズがそれ以上に落ち込んだため、世界で最も多く生産し販売する自動車 メーカーとなりました。

しかし、2008年(平成20年)に起こった一連の金融危機が直撃し、2009年3月期の営業利益が58年ぶりの赤字に転落(トヨタショック)してしまいました。

ですが、世界販売台数は前年の生産台数に続いて世界一の座を奪い取りました。

 


 

メーカー別燃費ランキング
トヨタ 日産 ホンダ マツダ
三菱 スバル ダイハツ スズキ
メーカー別燃費ランキングに戻る

 



免責事項
上記に記載しております内容はあくまでも個人の考えや調べた結果であり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。


自動車

車の基本的な事を簡単に説明

自動車の起源

自動車の起源の説明

主な日本の車メーカー

主な日本の車メーカー一覧

車の種類

車の説明

運転免許の取得

教習所を探す

自動車保険とは

自動車保険の基本的な事を説明

車検見積もり

車検の見積もりの出来るサイトを紹介

自動車保険一括資料請求

自動車保険を一括で資料請求、保険の比較

新車見積もり

色々なメーカーの新車の見積もり

中古車の選び方

中古車を探す際に気をつける事等を記載

カタログ燃費ランキング

カタログに記載されている燃費のランキング

メーカー別燃費ランキング

メーカー別に燃費ランキングを掲載

中古車ディーラーサイト一覧

中古車ディーラー一覧

中古車販売店で探す

中古車販売店の紹介

車の買取・査定

自分の車はいくらなのか?

廃車サービス

廃車サービスの紹介

レンタカー

たまにしか車は使わない!という方にはレンタカー

カーシェアリング

短い時間だが頻繁に車を利用したいという方に最適

燃費向上アイテム

燃費を向上させるアイテムの紹介

自動車パーツ・その他

パーツ販売サイトやその他車に関する事を扱っているサイトを紹介

Comments are currently closed.

5 thoughts on “トヨタ燃費ランキング