車に関するお役立ち情報

日産燃費ランキング

日産(NISSAN)車を購入しようとお考えの方の為に、日産(NISSAN)車の燃費ランキングをカタログなどから作成致しました。

燃費データは、同じ車でも仕様変更があったりや新しい車が出た場合には、下記のランキングとは異なる場合もありますので、予めご了承ください。

日産-燃費ランキング

(調査日:2012月5月18日、燃費は10・15モード燃費での表示となっています。また、燃費はグレードなどにもよって異なりますので、参考程度でお願い致します。)

 

日産-モコ 1位 日産 > モコ
新車価格 中古車価格 燃費
109~152万円 7~135万円 27.0km/L

 

日産-マーチ 2位 日産 > マーチ(アイドリングストップ)
新車価格 中古車価格 燃費
104~164万円 1~168万円 26.0km/L

 

日産-ピノ 3位 日産 > ピノ
新車価格 中古車価格 燃費
19~95万円 24.0km/L

 

日産-オッティ 4位 日産 > オッティ
新車価格 中古車価格 燃費
105~145万円 18~133万円 23.0km/L

 

日産-ティーノ 4位 日産 > ティーノ
新車価格 中古車価格 燃費
~万円 8~114万円 23.0km/L

 

日産-ルークス 6位 日産 > ルークス
新車価格 中古車価格 燃費
124~171万円 59~179万円 22.5km/L

 

日産-サニー 7位 日産 > サニー
新車価格 中古車価格 燃費
3~189万円 20.5km/L

 

日産-ウイングロード 8位 日産 > ウイングロード
新車価格 中古車価格 燃費
162~203万円 1~177万円 20.0km/L

 

日産-キューブ 8位 日産 > キューブ
新車価格 中古車価格 燃費
145~193万円 1~260万円 20.0km/L

 

日産-ティーダ 8位 日産 > ティーダ
新車価格 中古車価格 燃費
150~188万円 25~173万円 20.0km/L

 


PR

 


日産-ティーダラティオ 8位 日産 > ティーダラティオ
新車価格 中古車価格 燃費
151~197万円 20~141万円 20.0km/L

 

日産-ノート 8位 日産 > ノート
新車価格 中古車価格 燃費
130~195万円 9~154万円 20.0km/L

 

日産-ルキノ 13位 日産 > ルキノ
新車価格 中古車価格 燃費
9~20万円 19.6km/L

 

日産-パルサー 13位 日産 > パルサーセダン
新車価格 中古車価格 燃費
~万円 3~20万円 19.6km/L

 

日産-パルサーセリエ 13位 日産 > パルサーセリエ
新車価格 中古車価格 燃費
5~70万円 19.6km/L

 

日産-キューブキュービック 17位 日産 > キューブキュービック
新車価格 中古車価格 燃費
2~150万円 19.2km/L

 

日産-ジューク 18位 日産 > ジューク
新車価格 中古車価格 燃費
162~245万円 118~248万円 19.0km/L

 

日産-フーガハイブリッド 18位 日産 > フーガハイブリッド
新車価格 中古車価格 燃費
540~630万円 378~515万円 19.0km/L

 

日産-シーマ 20位 日産 > シーマ(ハイブリッド)
新車価格 中古車価格 燃費
735~840万円 18.8km/L

 

日産-エキスパート 20位 日産 > エキスパート
新車価格 中古車価格 燃費
5~52万円 18.8km/L

 

中古車をお探しの場合は

もご覧ください。


PR

 


 

メーカー別燃費ランキング
トヨタ 日産 ホンダ マツダ
三菱 スバル ダイハツ スズキ
メーカー別燃費ランキングに戻る

 


 

日産自動車株式会社

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英称:Nissan Motor Co., Ltd. )は、神奈川県横浜市に本社を置く自動車メーカーです。

第二次世界大戦前は日産コンツェルンの一員で、「日産」という名称は、当時グループの持株会社であった日本産業が由来となっています。

通称とブランド名は「日産 (NISSAN) 」で、日本国外の一部では、高級車ブランドである「インフィニティ (INFINITI) 」も展開しています。

日産自動車は、日本の大手自動車メーカーで、芙蓉グループ(旧富士銀行系列)に属する東証一部上場企業であり、現在はフランスの自動車製造大手ルノーとアライアンスを結び同社の傘下に入っています。

日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがあります。

また、国外では「インフィニティ」ブランドでの展開も行なっていて、親会社のルノーの車種を「日産」ブランドで販売しています。

1999年、親会社のルノーから派遣されたレバノン系ブラジル人のカルロス・ゴーン氏が代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていた。

カルロス・ゴーン氏は2005年4月より親会社のルノーの取締役会長兼CEO (PDG) も兼任し、最高執行責任者(COO)は志賀俊之氏となりました。

日産自動車の2010暦年のグローバル販売台数及び、グローバル生産台数は共に400万台を超え、国内自動車メーカーとしてはトヨタ自動車に次いで2番目に400万台の大台を突破しました。

日産自動車株式会社 沿革

1911年に東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に設立された「快進社自働車工場」と、1919年に大阪府に設立された「実用自動車製造株式会社」が、1926年に 合併し、「ダット自動車製造(本社:大阪)」設立されました。

1931年に戸畑鋳物株式会社(現在の日立金属)(本社:北九州市、社長:鮎川義介)の傘下に入ります。(事実上の企業買収)

1932年に吉崎良造により「ダットサン商会」設立、ダットサンのブランドが誕生しました。

1933年にダット自動車製造と石川島自動車製作所が合併し自動車工業株式会社が横浜市神奈川区に設立されます。

1933年には戸畑鋳物株式会社がダット大阪工場を70万円で購入しましたが、ダットサン(自動車)の製造権と設計技術者の後藤敬義、そして一群の人員は自動車工業株式会社に残りました。

この年、戸畑鋳物株式会社の鮎川義介の懇願により、製造に関する一切の権利を自動車工業株式会社より「ダットサンの製造権」を無償で譲り受けました。12月に鮎川義介はダットサンの製造のために日産の第一歩となる「自動車製造株式会社」が横浜市に設立されました。

1934年の6月1日に日産自動車株式会社に改称され、創業者は戸畑鋳物株式会社社長の鮎川義介氏でした。鮎川氏は創立と同時に同社取締役社長に就任しました。

1944年に9月に東京都日本橋区(現在の中央区)に本社移転し、日産重工業株式会社に商号が変更されました。

1946年の1月に本社事務所を再び横浜市に移転し、1949年の8月に「日産自動車株式会社」の商号になりました。

1952年にイギリスのオースチン社との技術提携を元にしたオースチン・A40サマーセットのノックダウン生産が開始され、1966年にスカイライン、グロリアを持つ「プリンス自動車工業株式会社」(富士重工業等と共に分割解体された旧中島飛行機の一部冨士精密工業の後身)と合併しました。

1967年には宮内庁に初の国産御料車「プリンスロイヤル」を謹製・納入し、1968年に東京都中央区銀座木挽町に本社事務所が移転されました。

1969年に「ダットサン・フェアレディ」の後継車となる「日産・フェアレディZ」登場し、1970年にはマリーン事業に進出しました。

一時はトヨタ自動車につぐ日本国内第2位のシェアを占めていましたが、日本国内の日産車のシェアが年々低下し、経営陣と塩路一郎委員長率いる強固な労働組合との激しい抗争が長期に及び、「901運動」で、日産自動車全体のブランドイメージが向上しましたが、90年代に入り、バブル崩壊後の財務悪化とデザインや商品戦略などの相次ぐ失敗で販売不振に陥り、経営危機が深刻化しました。

※901運動
「90年代までに技術世界一を目指す」という名の下、全車種を対象にエンジンをはじめ、シャシやサスペンションの設計目標と、走行実験におけるハンドリング評価基準の大幅な底上などに力を注いだ運動

1981年の7月に、国内向けの一部車種と日本国外向けの車種に設けられていた「DATSUN」ブランドを廃止して、順次「NISSAN」ブランドへ変更して統一する方針が発表されました。

1985年の8月には、社長が石原俊(事務系出身)から久米豊(技術系出身)になり、今までの官僚経営から技術中心の経営に変わりました。これが後の901運動を推進する経営と変えていきました。

1987年の6月19日にY31型セドリック・グロリアが発売され、グランツーリスモ系の初設定が大ヒットします。これにより、後のインフィニティ・Q45の発売が決定されます。またパイクカー・Be-1限定発売も大ヒットします。

1988年に日本初の3ナンバー専用車・セドリックシーマ・グロリアシーマが発売され、大ヒットとなり、シーマ現象なる言葉ができた。 新ブランドセダン・マキシマ・セフィーロも発売されました。

1989年にスカイラインGT-Rが復活し、フラッグシップセダン・インフィニティ・Q45日米同時発売されました。アメリカにて高級車専門の「インフィニティ」ブランドが展開され、車種は、インフィニティQ45とインフィニティ・M30の2車種となりました。

1999年の3月には、フランスのルノーと資本提携し、ルノー=日産アライアンスを結成しルノーの傘下となります。6月にルノー副社長のカルロス・ゴーン氏(現CEO)が最高執行責任者(COO)に就任し、リバイバル・プランを発表しました。

2001年にカルロス・ゴーン氏が6月に社長兼最高経営責任者(CEO)となりました。

2002年にスズキより、軽自動車「MRワゴン」のOEM供給を受け、「モコ」として発売を開始します。軽自動車市場へ参入を果たし、カルロス・ゴーン氏が「日産リバイバルプラン」の目標達成を宣言しました。また、ローレルおよびサニーといった日産を代表する車種の名(歴史)が廃止されました。

2003年の2月に、セフィーロを廃止し、前年に廃止となったローレルとの統合後継車としてティアナを投入しました。

2004年の9月にはサニーを廃止、ティーダを発売。10月にセドリック・グロリアを廃止、フーガを発売しました。

2005年の4月より従来の販売会社別での取扱車種を撤廃し、全販売会社(レッドステージ&ブルーステージ)ですべての車種の購入が可能としました。

2005年 – 経営再建中の三菱自動車工業との包括的な事業提携。それに伴い、事業提携の一環として三菱製軽自動車eKワゴンのOEMとしてオッティを投入。

2005年の4月にカルロス・ゴーン氏が親会社のルノーの取締役会長兼CEO (PDG) に就任、日産の会長兼CEOも兼任する。

2005年の9月に、カルロス・ゴーン氏が進めてきた日産180(リバイバル・プラン)を終了。その後日米市場で販売台数が急落します。

2006年の6月には、グローバル生産累計台数1億台突破します。

2007年の12月に、スカイラインの名前を捨て、新たな道を歩む日産GT-Rを販売開始されます。

2008年に日産ディーゼル工業(現:UDトラックス)の株式をVolvo Motorsへ譲渡し、2009年の8月に、本社所在地を東京・銀座から日産の故郷である横浜へと戻します。(横浜みなとみらい21地区/登記簿上の本店所在地は従来通り、横浜市神奈川区宝町)。

2010年10月1日に産業機械事業部が独立、日産フォークリフト株式会社となります。

2010年12月には量産型専用車種としては世界初となるEV、リーフを発表・発売を開始されます。

2011年3月11日の東日本大震災の影響で、いわき工場と栃木工場の被災とサプライヤーの工場の被災により全工場の生産が一時ストップしてしまいますが、順次復旧を果たしました。(この時「今こそ、モノづくりの底力を。」のキャッチフレーズが起用されました。)

2011年6月1日に日産自動車・三菱自動車工業の軽自動車事業に関わる合弁会社(資本構成は双方50%ずつ)、株式会社NMKV設立されます。

2012年4月1日に「インフィニティ」ブランドの本社機能を香港に移転しました。

 


 

メーカー別燃費ランキング
トヨタ 日産 ホンダ マツダ
三菱 スバル ダイハツ スズキ
メーカー別燃費ランキングに戻る

 



免責事項
上記に記載しております内容はあくまでも個人の考えや調べた結果であり、当サイトは、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても一切責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても一切責任を負いません。

当サイトの情報の利用については全て自己の責任において行ってください。


自動車

車の基本的な事を簡単に説明

自動車の起源

自動車の起源の説明

主な日本の車メーカー

主な日本の車メーカー一覧

車の種類

車の説明

運転免許の取得

教習所を探す

自動車保険とは

自動車保険の基本的な事を説明

車検見積もり

車検の見積もりの出来るサイトを紹介

自動車保険一括資料請求

自動車保険を一括で資料請求、保険の比較

新車見積もり

色々なメーカーの新車の見積もり

中古車の選び方

中古車を探す際に気をつける事等を記載

カタログ燃費ランキング

カタログに記載されている燃費のランキング

メーカー別燃費ランキング

メーカー別に燃費ランキングを掲載

中古車ディーラーサイト一覧

中古車ディーラー一覧

中古車販売店で探す

中古車販売店の紹介

車の買取・査定

自分の車はいくらなのか?

廃車サービス

廃車サービスの紹介

レンタカー

たまにしか車は使わない!という方にはレンタカー

カーシェアリング

短い時間だが頻繁に車を利用したいという方に最適

燃費向上アイテム

燃費を向上させるアイテムの紹介

自動車パーツ・その他

パーツ販売サイトやその他車に関する事を扱っているサイトを紹介

Comments are currently closed.

One thought on “日産燃費ランキング