ネットで賢くキャッシング

グレーゾーンについて

キャッシングの基礎知識消費者金融がサラ金と呼ばれていた頃と現在では、実質年率が全然違います。

最近良く聞くグレーゾーンとは、この実質年率の事で、悪徳業者(闇金)などに引っかからない為にも知っておいた方が良い言葉です。

最近の消費者金融(キャッシング会社)は、ほとんどがこのグレーゾーンでお金を貸していますので、聞いた事もないような会社がこれより極端に低い実質年率などでお金を貸すと宣伝しているところは要注意です。

グレーゾーンとは

貸金業者に対する金利規制には、「利息制限法」 と 「出資法」 というものががあります。

利息制限法では、利息金利)の支払いが民事上有効とされる上限金利が元本額に応じて15~20%と定められています。

しかし、出資法では刑事罰の適用を受けることとなる上限金利が29.2%と定められています。

グレーゾーン(金利)とは、この2つの法律の上限金利 20%~29.2% の間の金利のことです。

貸金業者は利息によって利益を上げておりますので、実質年率は出来るだけ高くしたいという事です。

以前のサラ金と呼ばれていた時代ですと、実質年率は100%ほどだったので、貸金業者は以前に比べて利益が減ったという事になります。

他にも過払い請求などの関係もあり、武富士が倒産したのは有名な話です。

また、利息制限法の第1条第1項では、金銭消費貸借上の利息が、上限金利を超えるときは、その超過部分を無効とする と規定されています。

では、29.2%を超えたからといって利息を払わなくても良いかというと、

貸金業規制法の第43条では、債務者が利息制限法の上限金利を越える利息を任意に支払い、かつ、貸金業者が法令で義務付けられた書面交付を行っている場合は、その利息の支払いは有効なものとみなすと規定しています。

とも記載されています。

これは借りている側が了解しているか、法令で義務付けられた書面を交付している場合は必ずしもそうでは無い。という事になります。

みなし弁済-参照

また、利息の計算については、利息の計算方法について を参照してください。

キャッシングをご利用の際は実質年率を良く確認し、契約書なども良く確認する事をおすすめ致します。

 キャッシングの基礎知識 に戻る

 


 

免責事項

当サイトは、お金などに関する会社(消費者金融の会社やクレジット会社など)の紹介サイトであり、当サイト自身がお金を貸すといったサービスは行っておりません。

また、当サイトが紹介しているサイトでの融資をお約束する事も出来ません。

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えや調べた結果であり、その内容は変更される事もあり、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても当サイトは一切の責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても当サイトは一切の責任を負いません。

当サイトの情報のご利用については全て自己の責任において行ってください。

 


 

キャッシング

キャッシング

iキャッシングとは?という基本的なことの説明

ネットキャッシング

ネットキャッシングのメリットや注意点、利用方法などの説明

即日キャッシング

即日融資可能なキャッシングの紹介

おまとめローン

数社ご利用されている方におすすめなおまとめローンの出来るキャッシングの紹介

お試し診断が出来る

融資を受けられるか?返済出来るか?などの不安がある方の為にお試し診断の出来るキャッシングを紹介

学生ローン

学生でも利用出来るキャッシングの紹介

キャッシング一覧

当サイトで紹介しているキャッシングの一覧

キャッシングの基礎知識

キャッシングを利用する前に知っておいて欲しいことや、利用後のことなどについて説明

キャッシングQ&A

キャッシングについての色々な疑問などを紹介

キャッシング用語集

キャッシング用語の解説

悪徳業者について

お金に困っていることを利用する悪徳業者やその手口などの紹介

Comments are currently closed.