ネットで賢くキャッシング

過払い請求とは

キャッシングQ&A最近 「過払い請求」 という言葉を良く聞くと思います。

過払い請求をするとお金が返ってくる。や 借金が減る。などという事を聞いた事があると思います。

では、なぜ、そのような事が起こるのか?について説明させていただきます。

今まで多くの消費者金融金利実質年率)として使用されてきた29.2%という金利ですが、これは出資法の上限金利で、本来は利息制限法で定められた金利利息)18%、または15%でそれ以上の金利利息)は払わなくても良いのです。

これを簡単に言いますと、「利息を払い過ぎている=過払い」 という事です。

そこで、払い過ぎていた利息を返してもらおうというのが、「過払い請求」 というものです。

例えば、50万円を借りていた場合

出資法で計算すると 50万円×29.2%=14万6千円

利息制限法で計算すると 50万円×18%=9万円

1年で 5万6千 の払い過ぎとなります。

100万円を借りていた場合

出資法で計算すると 100万円×29.2%=29万2千円

利息制限法法で計算すると 100万円×18%=18万円

1年で 11万2千 の払い過ぎとなります。

過払い金の計算は、今まで支払ってきた返済額と金利を見て、それを利息制限法で計算することで求めることができます。
これを 「引き直し」 とも言います。

借入れしている会社の契約書や領収書などがあれば、それで計算する事も出来ますし、領収書などが無い場合でも、借入れしている会社に取引履歴の開示請求を行う事で、計算する事が出来ます。

このように過払い請求をする事により、利息分が返ってきて借入れ額が減ったり、長くお金を借りている場合は、借入れ額をを上回ってお金が返ってくる場合もあったりします。

ですが、「過払い金があるから返して欲しい」 と連絡をするだけでは返してもらえません。

過払い請求には法的手続きが必要ですが、お金を払えば、弁護士や司法書士が代理人となって請求をしてくれます。

お金が勿体無いと思う方は、自分で行う事も可能ですが、やはり、足元を見られ、業者側の都合の良い和解案を提示されたりすることもありますので注意が必要です。(参照:過払い請求Q&A>自分で過払い請求はできますか?

また、既に完済している借金でも過払い請求はする事ができます。

いずれにしても、過払いがあると思ったらできるだけ早く行動を起こすことをおすすめ致します。

ただし、完済後、10年を経過すると過払い請求は出来なくなってしまいます。参照:完済後、何年ぐらいまで過払い請求はできますか?

過払い請求をお考えの方は下記を1度ご覧ください。

過払い請求Q&A

相談できる弁護士・司法書士一覧

 キャッシングQ&A に戻る

 


 

免責事項

当サイトは、お金などに関する会社(消費者金融の会社やクレジット会社など)の紹介サイトであり、当サイト自身がお金を貸すといったサービスは行っておりません。

また、当サイトが紹介しているサイトでの融資をお約束する事も出来ません。

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えや調べた結果であり、その内容は変更される事もあり、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても当サイトは一切の責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても当サイトは一切の責任を負いません。

当サイトの情報のご利用については全て自己の責任において行ってください。

 


 

キャッシング

キャッシング

iキャッシングとは?という基本的なことの説明

ネットキャッシング

ネットキャッシングのメリットや注意点、利用方法などの説明

即日キャッシング

即日融資可能なキャッシングの紹介

おまとめローン

数社ご利用されている方におすすめなおまとめローンの出来るキャッシングの紹介

お試し診断が出来る

融資を受けられるか?返済出来るか?などの不安がある方の為にお試し診断の出来るキャッシングを紹介

学生ローン

学生でも利用出来るキャッシングの紹介

キャッシング一覧

当サイトで紹介しているキャッシングの一覧

キャッシングの基礎知識

キャッシングを利用する前に知っておいて欲しいことや、利用後のことなどについて説明

キャッシングQ&A

キャッシングについての色々な疑問などを紹介

キャッシング用語集

キャッシング用語の解説

悪徳業者について

お金に困っていることを利用する悪徳業者やその手口などの紹介

Comments are currently closed.