ネットで賢くキャッシング

破産管財人

破産管財人

破産管財人(はさんかんざいにん)とは、破産法の破産手続において、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を持っている者のことをいい、通常は弁護士がその任に当たります。

また、法人が破産した場合は、破産管財人の氏名のほか、所属する法律事務所とその所在地が登記事項とされており、大規模な破産事件においては複数の破産管財人が選任されることもあります。

破産管財人の選任と手続

裁判所は、破産手続開始の決定と同時に、破産管財人を選任します(破産法31条1項、74条1項)。

裁判所が、破産手続開始の決定をしたときは、直ちに、決定の主文等とともに、破産管財人の氏名・名称を公告および通知をすることとなっています(同法32条1項2号、同条3項)。

実務上、弁護士が選任されますが、弁護士法で弁護士法人が認められたため、法人も破産管財人となることができます(同法74条2項)。

また、破産管財人の氏名並びに住所が登記されます(同法257条2項)。破産管財人の住所は実際には所属する法律事務所の住所・名称が記載されています。

破産管財人は、担当する会社の代理として、その事業の経営並びに財産の管理及び処分をする権利を持ち、訴訟においては自らが当事者となります(破産法2条12項)。

また必要があるときは、裁判所の許可を得た上で、破産管財人代理を選任することができます(破産法第77条)。

弁護士法から見た場合、破産管財人の業務は、同法第3条第1項の「一般の法律事務」ではなく、同法第30条の5の業務を定める法務省令(弁護士法人の業務及び会計帳簿等に関する規則)第1条第1号にいう業務に該当し、また弁護士は、正当の理由がなければ、法令により官公署の委嘱した事項を行うことを辞することができないとされています(同法第24条)。

破産管財人の報酬規定

破産管財人の報酬は特に規定されておらず、裁判所が決定し、破産財団から支払われます。

2002年頃から、弁護士会は破産管財人の報酬の一定割合を弁護士会へ拠出させるようになりました。

破産管財人の法的地位

破産管財人の法的地位については、破産財団の代表者であるという見解、破産財団について管理処分権を行使する独立の管理機構と位置づける見解などがあります。

明治時代の破産管財人は、銀行頭取や商売人、代書人、公証役場の書記等であることがほとんどでした。

出典元(Wikipediaより)

 相談出来る弁護士・司法書士一覧

キャッシング用語集 に戻る

 


 

免責事項

当サイトは、お金などに関する会社(消費者金融の会社やクレジット会社など)の紹介サイトであり、当サイト自身がお金を貸すといったサービスは行っておりません。

また、当サイトが紹介しているサイトでの融資をお約束する事も出来ません。

このサイトに記載しております内容はあくまでも個人の考えや調べた結果であり、その内容は変更される事もあり、当サイトの提供する情報を利用した事による 如何なる損害に対しても当サイトは一切の責任を負いません。 また第三者からユーザーに対してなされた損害賠償請求に基づく損害についても当サイトは一切の責任を負いません。

当サイトの情報のご利用については全て自己の責任において行ってください。

 


 

キャッシング

キャッシング

iキャッシングとは?という基本的なことの説明

ネットキャッシング

ネットキャッシングのメリットや注意点、利用方法などの説明

即日キャッシング

即日融資可能なキャッシングの紹介

おまとめローン

数社ご利用されている方におすすめなおまとめローンの出来るキャッシングの紹介

お試し診断が出来る

融資を受けられるか?返済出来るか?などの不安がある方の為にお試し診断の出来るキャッシングを紹介

学生ローン

学生でも利用出来るキャッシングの紹介

キャッシング一覧

当サイトで紹介しているキャッシングの一覧

キャッシングの基礎知識

キャッシングを利用する前に知っておいて欲しいことや、利用後のことなどについて説明

キャッシングQ&A

キャッシングについての色々な疑問などを紹介

キャッシング用語集

キャッシング用語の解説

悪徳業者について

お金に困っていることを利用する悪徳業者やその手口などの紹介

Comments are currently closed.