ペットに関するお役立ち情報

フィラリア

フィラリア(犬糸状虫症)

フィラリアという寄生虫(犬糸状虫)が犬の心臓の右心房と肺動脈に寄生する病気です。

この病気は蚊を媒介にして犬に感染してしまう病気で

  1. フィラリアにかかっている犬から蚊が血を吸う
  2. フィラリアの幼虫が血を吸った蚊の体内に移動する
  3. フィラリアの幼虫を宿した蚊が他の犬の血を吸う
  4. その時にフィラリアの幼虫が犬の体内に入り込む

という流れで感染していきます。また、蚊を媒介とせずに感染する事はまずありません。

体内に入り込んだフィラリアの幼虫は、新たな子供を産むために心臓に住みつきます。

これにより犬の血液の流れが悪くなり、色々な病気を起こします。

フィラリアの症状

感染当初は症状が無い場合が多く、時間の経過と共に下記のような症状が出てきます。

  • 息が荒くなる
  • 咳をする
  • あまり動かなくなる
  • お腹に腹水溜まって膨らむ
  • 失神する
  • 肺高血圧症にかかった場合、他の臓器の機能不全
  • 急性の大動脈症候群にかかった場合、循環不全に陥り、血尿、呼吸困難

急性の大動脈症候群にかかった場合は、直ぐに獣医の診察・処置を受けないと、数日で命を落とす可能性があります。

フィラリアの治療

まずはじめにフィラリアは薬で予防できる病気です。

ですが、もし自分の飼っている犬がフィラリアにかかってしまった場合は、直ぐに獣医に見せましょう。

フィラリアの治療は症状や状態にもよりますが、早期のものであれば薬や注射で対処し、フィラリアが原因で別の症状が出ている場合はその対処も行ってもらえます。

また、急性の場合には外科治療でフィラリアを摘出しますが、無事に治療が完了しても、フィラリアによって傷つけられた心臓や内蔵は元に戻りません。

ですが、手術を行えない場合は食事療法と薬で、症状を軽減軽減するという対処療法を行います。

このようにフィラリアは犬にとってとても恐い病気なのです。

フィラリアの予防は義務ではないので、フィラリアの予防を行っていない人もいます。

獣医師側としても強制出来ないのが現状のようで、実はフィラリアは人間にも感染する可能性があります。

フィラリアは蚊によって幼虫を移されますので、人間の体にも移っています。

ですが、人間の場合は、犬のように肺動脈までいくことはまずありませんが、肺の中に肺結節を作ったという報告もされています。

フィラリアは予防出来る病気ですので、大切な愛犬の為に是非行ってあげてください。

 


 

ペット

ペットとは

ペットとは食以外の目的で、動物を可愛がったり大切にして飼育する事で、一般的には犬や猫がもっとも多い。

ペットを探す

ペットショップでペットを探す前にここで探してみてください。

ペット保険資料請求

ペットとは言っても、やはり人間と同じように病気もします。時には手術が必要な場合もあります。そしてペットにも人間と同様保険があります。

ペットフード

大事なペットだからこそ安全なものを食べさせたい!健康には気を付けてあげたい!などの要望にお応えするペットフード紹介させていただきます。

サプリメント

ペットの健康が気になる方、ペット用のサプリメントがあるのをご存知ですか?色々なサプリメントがありますので、是非お試しください。

しつけ

あなたが飼っている大事なペットの為にしつけは大事です。しつけをする事により、飼い主と動物が双方安心して暮らせるようになります。

消臭

ペットの臭い気になりませんか?どうしても部屋についてしまうペットの体臭・口臭・糞・おしっこなどの臭い。そんな悩みを解決してくれるものがあります。

ペット用品・グッズ

色々なペット用品・グッズが売られています。ペットとの楽しい時間を過ごす為のグッズを探してみてください。

ペット・動物などの写真・画像サイト

ペットや色々な動物などの写真や画像を配布しているサイトを紹介しております。

Comments are currently closed.